食生活が招く薄毛について

女性が悩む薄毛には、食生活の乱れが引き起こす薄毛もあります。年齢が上がるにつれての老化が引き起こす薄毛はよく聞きますが、まだ若くても薄毛に悩んでいる人もいます。食生活がその薄毛の原因となっている可能性もあるでしょう。

食生活というのは、本来は栄養バランスを考えて食事をするのが理想ですが、なかなか現代人はそうはいきません。高カロリーのもの、高脂肪のもの…たくさん溢れている世の中です。若いころは好んで食べていると思いますが、これが女性の薄毛の原因になります。髪の毛にも成長する栄養がありますが、人間の身体というのは優先順位を考えてエネルギーを運んでいます。生命を維持するのに大切な心臓や脳などには最優先で栄養が運ばれることになります。髪の毛はどうかというと、生命を維持するためには必要なものではありません。女性にとって髪は命などともいいますが、実際に身体はそうは認識していないからです。生命を維持するために必要ではないと判断をすれば、栄養を送るのは後回しとなります。そのため、バランスの悪い食生活を送っていると、頭皮には栄養がなかなか届かないため、段々と髪の毛が生える力もよわって薄毛を招きます。

また、脂肪分を多く摂取する食事を取っていると、髪の毛が生えてくる毛穴が脂で詰まってしまう可能性もあります。皮脂の詰まりというのは健康な毛穴の成長を大きく妨げることとなりますので、これも女性の薄毛を招く原因です。薄毛だけではなく、時に皮脂が多くなりすぎて触ってみると、頭皮がベタベタとする場合もあります。皮脂の詰まりには気をつけなくてはいけません。

そして、もう一つ、食生活での問題が薄毛に繋がる可能性として、ダイエットがあります。無理なダイエットで食事制限をしている場合、これも栄養が偏る食事をしている人と同様に、体内に摂取する栄養が不十分となって頭皮には栄養が回っていきません。今までの食生活から大きく変えすぎると、薄毛も一気に進行する可能性があります。せっかくダイエットに成功しても、薄毛が進行してしまって自分に自信が持てない…となってしまえば、本末転倒です。カロリー管理は必要だとは思いますが、あまりに辛すぎるカロリー制限は薄毛だけではなく健康まで壊してしまいます。

薄毛というのは若い年代でも起こる可能性がある問題です。異常な食生活を送っていると自覚が出来ている人は、今すぐにでも食生活の乱れを整えていきましょう。