年齢とともに感じる薄毛の原因

薄毛というのは、男性だけが抱える悩みというわけではありません。女性でも薄毛で悩んでいる人はいます。最近はこうした女性の薄毛問題も注目をされるようになってきたことから、かなりの女性が薄毛に悩んでいることがわかります。

薄毛の原因には色々とありますが、まず一つ目が年齢による老化です。40代を過ぎるころから薄毛が気になりだした場合は、年齢による老化の影響が強いです。40代になると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなっている時期です。大体30歳前後をピークとして、その後はエストロゲンの分泌が減っていくばかり。そしてエストロゲンの分泌が最も減るのが、閉経後です。

エストロゲンは髪の毛を元気にするために必要なホルモン。髪の毛を発達させるだけではなく、きちんと健康的な髪の毛を絶えず維持するために働いてくれています。そのエストロゲンの分泌が少なくなるのですから、当然髪の毛にも元気がなくなってくるでしょう。

エストロゲンの分泌が少なくなると、髪の毛にはどのような変化が出るのかというと、まず始めに1本ずつの元気がなくなります。髪の毛1本1本が痩せ細っていく状態です。今までと同じ本数の髪の毛があったとしても、1本ずつが細くなっているので、ボリュームがなくなってしまいます。また、髪の毛自体も自然と減ってしまいますので、隙間が出来るような感じで薄毛が進んでいきます。こうした脱毛の仕方は女性の特別な脱毛で、びまん性脱毛症と呼ばれています。

男性の場合はある一定の部位、おでこからとかてっぺんからとか薄毛が進行していくのですが、女性の場合はそれとは少し違います。全体的に髪の毛のボリュームがなくなり、全体的に薄くなっていくというものです。特に生え際である頭頂部は目立ちやすいです。

そこでチェックして欲しいのが、自分の頭頂部です。意外と自分では見ない部分なので、薄毛の進行に気付いていないかもしれません。なんとなくボリュームがなくなってきたことは分かっていても、頭頂部を見たら薄毛が進行している、なんて可能性も。合わせ鏡などでチェックしてみれば、今の頭頂部の状態がわかりやすいです。抜け毛が増えてびまん性脱毛症が心配、という場合は定期的にチェックをして、薄毛になってきたと思ったら、薄毛治療を始めましょう。早めの対処が可能であれば、進行する前に治療ができます。

エストロゲンが原因となる薄毛はある程度仕方がないといえば仕方がないのですが、やはり薄毛というのは気になる悩みですから、早めに解決しておきたいものです。