女性に起こる薄毛の種類

女性に起こる薄毛の種類というのは、女性特有なものもあれば、男性にも起こりうる薄毛もあります。まず始めに、女性特有の薄毛といわれているのが、びまん性脱毛症です。女性特有の薄毛ということで、女性脱毛症とも呼ばれています。この脱毛症が、女性が悩む薄毛の中では多くを占めています。頭の広い範囲で薄毛が進み、髪の毛が成長をしなくなることが原因で起こる薄毛です。主に老化、ホルモンバランスの乱れ、ストレスやダイエットのしすぎで起こることもあります。

次に、多くの人が知っている薄毛が円形脱毛症です。キレイに円形になって、その部分だけ髪の毛がなくなってしまうという脱毛症です。恥ずかしい脱毛症というイメージがあるので、一度できてしまうと何とか隠そうと必死になるでしょう。一度だけで治ればいいのですが、円形脱毛症を何度も繰り返し起こしてしまうようになると、いつまた円形脱毛症が出来てしまうのか…と不安になります。一度だけなら自然に治って問題ないのですが、いくつもできる、何度もできるとなると、医師に診断してもらって年単位での治療が必要になってしまいます。円形脱毛症を引き起こす原因として考えられているのは、ストレスといわれています。また、遺伝といわれていたりもしますし、自己免疫疾患という場合もあります。すぐに治るものなら問題ありませんが、いつまでも続くようであれば治療に出かけましょう。

続いて、牽引性脱毛症というもの。牽引していることが原因になっているので、ポニーテールやお団子ヘアをよくするとか、きつく髪の毛を縛る人には起こる可能性のある脱毛です。髪の毛を強く引っ張っている時間が長くなると頭皮の血行が悪くなってしまうので、それが原因となって薄毛になります。これはヘアスタイルを変えて血行をよくすると治っていくでしょうが、女性特有の薄毛となります。

更に、産後の薄毛もよく聞きますが、それを分娩後脱毛症といいます。出産をしてからしばらく経つと抜け毛が増えて、髪の毛の元気がなくなってくる時期があります。出産をして育児に追われている時期ですから、髪の毛まで抜け始めると辛い気持ちになりがちですが、出産がきっかけとなった分娩後脱毛症は、大体1年ぐらいすると自然に治ります。女性ホルモンの分泌量が変わることが原因となっているので、自分の身体が以前のように元に戻っていくとともに解決するでしょう。あまり深く考え込まず、育児に専念しましょう。

それらの悩みに特化した女性専用のシャンプーなども販売されいるので、それらを使ってみるのもよいかもしれません。詳しくはコチラ→女性の抜け毛に効くシャンプーで人気なのは?

女性特有の脱毛症はいくつも種類がありますから、心配になったときは医師に相談しながら、解決していきましょう。