女性に起こる薄毛の種類

女性に起こる薄毛の種類というのは、女性特有なものもあれば、男性にも起こりうる薄毛もあります。まず始めに、女性特有の薄毛といわれているのが、びまん性脱毛症です。女性特有の薄毛ということで、女性脱毛症とも呼ばれています。この脱毛症が、女性が悩む薄毛の中では多くを占めています。頭の広い範囲で薄毛が進み、髪の毛が成長をしなくなることが原因で起こる薄毛です。主に老化、ホルモンバランスの乱れ、ストレスやダイエットのしすぎで起こることもあります。

次に、多くの人が知っている薄毛が円形脱毛症です。キレイに円形になって、その部分だけ髪の毛がなくなってしまうという脱毛症です。恥ずかしい脱毛症というイメージがあるので、一度できてしまうと何とか隠そうと必死になるでしょう。一度だけで治ればいいのですが、円形脱毛症を何度も繰り返し起こしてしまうようになると、いつまた円形脱毛症が出来てしまうのか…と不安になります。一度だけなら自然に治って問題ないのですが、いくつもできる、何度もできるとなると、医師に診断してもらって年単位での治療が必要になってしまいます。円形脱毛症を引き起こす原因として考えられているのは、ストレスといわれています。また、遺伝といわれていたりもしますし、自己免疫疾患という場合もあります。すぐに治るものなら問題ありませんが、いつまでも続くようであれば治療に出かけましょう。

続いて、牽引性脱毛症というもの。牽引していることが原因になっているので、ポニーテールやお団子ヘアをよくするとか、きつく髪の毛を縛る人には起こる可能性のある脱毛です。髪の毛を強く引っ張っている時間が長くなると頭皮の血行が悪くなってしまうので、それが原因となって薄毛になります。これはヘアスタイルを変えて血行をよくすると治っていくでしょうが、女性特有の薄毛となります。

更に、産後の薄毛もよく聞きますが、それを分娩後脱毛症といいます。出産をしてからしばらく経つと抜け毛が増えて、髪の毛の元気がなくなってくる時期があります。出産をして育児に追われている時期ですから、髪の毛まで抜け始めると辛い気持ちになりがちですが、出産がきっかけとなった分娩後脱毛症は、大体1年ぐらいすると自然に治ります。女性ホルモンの分泌量が変わることが原因となっているので、自分の身体が以前のように元に戻っていくとともに解決するでしょう。あまり深く考え込まず、育児に専念しましょう。

それらの悩みに特化した女性専用のシャンプーなども販売されいるので、それらを使ってみるのもよいかもしれません。詳しくはコチラ→女性の抜け毛に効くシャンプーで人気なのは?

女性特有の脱毛症はいくつも種類がありますから、心配になったときは医師に相談しながら、解決していきましょう。

 

 

 

食生活が招く薄毛について

女性が悩む薄毛には、食生活の乱れが引き起こす薄毛もあります。年齢が上がるにつれての老化が引き起こす薄毛はよく聞きますが、まだ若くても薄毛に悩んでいる人もいます。食生活がその薄毛の原因となっている可能性もあるでしょう。

食生活というのは、本来は栄養バランスを考えて食事をするのが理想ですが、なかなか現代人はそうはいきません。高カロリーのもの、高脂肪のもの…たくさん溢れている世の中です。若いころは好んで食べていると思いますが、これが女性の薄毛の原因になります。髪の毛にも成長する栄養がありますが、人間の身体というのは優先順位を考えてエネルギーを運んでいます。生命を維持するのに大切な心臓や脳などには最優先で栄養が運ばれることになります。髪の毛はどうかというと、生命を維持するためには必要なものではありません。女性にとって髪は命などともいいますが、実際に身体はそうは認識していないからです。生命を維持するために必要ではないと判断をすれば、栄養を送るのは後回しとなります。そのため、バランスの悪い食生活を送っていると、頭皮には栄養がなかなか届かないため、段々と髪の毛が生える力もよわって薄毛を招きます。

また、脂肪分を多く摂取する食事を取っていると、髪の毛が生えてくる毛穴が脂で詰まってしまう可能性もあります。皮脂の詰まりというのは健康な毛穴の成長を大きく妨げることとなりますので、これも女性の薄毛を招く原因です。薄毛だけではなく、時に皮脂が多くなりすぎて触ってみると、頭皮がベタベタとする場合もあります。皮脂の詰まりには気をつけなくてはいけません。

そして、もう一つ、食生活での問題が薄毛に繋がる可能性として、ダイエットがあります。無理なダイエットで食事制限をしている場合、これも栄養が偏る食事をしている人と同様に、体内に摂取する栄養が不十分となって頭皮には栄養が回っていきません。今までの食生活から大きく変えすぎると、薄毛も一気に進行する可能性があります。せっかくダイエットに成功しても、薄毛が進行してしまって自分に自信が持てない…となってしまえば、本末転倒です。カロリー管理は必要だとは思いますが、あまりに辛すぎるカロリー制限は薄毛だけではなく健康まで壊してしまいます。

薄毛というのは若い年代でも起こる可能性がある問題です。異常な食生活を送っていると自覚が出来ている人は、今すぐにでも食生活の乱れを整えていきましょう。

 

 

 

年齢とともに感じる薄毛の原因

薄毛というのは、男性だけが抱える悩みというわけではありません。女性でも薄毛で悩んでいる人はいます。最近はこうした女性の薄毛問題も注目をされるようになってきたことから、かなりの女性が薄毛に悩んでいることがわかります。

薄毛の原因には色々とありますが、まず一つ目が年齢による老化です。40代を過ぎるころから薄毛が気になりだした場合は、年齢による老化の影響が強いです。40代になると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなっている時期です。大体30歳前後をピークとして、その後はエストロゲンの分泌が減っていくばかり。そしてエストロゲンの分泌が最も減るのが、閉経後です。

エストロゲンは髪の毛を元気にするために必要なホルモン。髪の毛を発達させるだけではなく、きちんと健康的な髪の毛を絶えず維持するために働いてくれています。そのエストロゲンの分泌が少なくなるのですから、当然髪の毛にも元気がなくなってくるでしょう。

エストロゲンの分泌が少なくなると、髪の毛にはどのような変化が出るのかというと、まず始めに1本ずつの元気がなくなります。髪の毛1本1本が痩せ細っていく状態です。今までと同じ本数の髪の毛があったとしても、1本ずつが細くなっているので、ボリュームがなくなってしまいます。また、髪の毛自体も自然と減ってしまいますので、隙間が出来るような感じで薄毛が進んでいきます。こうした脱毛の仕方は女性の特別な脱毛で、びまん性脱毛症と呼ばれています。

男性の場合はある一定の部位、おでこからとかてっぺんからとか薄毛が進行していくのですが、女性の場合はそれとは少し違います。全体的に髪の毛のボリュームがなくなり、全体的に薄くなっていくというものです。特に生え際である頭頂部は目立ちやすいです。

そこでチェックして欲しいのが、自分の頭頂部です。意外と自分では見ない部分なので、薄毛の進行に気付いていないかもしれません。なんとなくボリュームがなくなってきたことは分かっていても、頭頂部を見たら薄毛が進行している、なんて可能性も。合わせ鏡などでチェックしてみれば、今の頭頂部の状態がわかりやすいです。抜け毛が増えてびまん性脱毛症が心配、という場合は定期的にチェックをして、薄毛になってきたと思ったら、薄毛治療を始めましょう。早めの対処が可能であれば、進行する前に治療ができます。

エストロゲンが原因となる薄毛はある程度仕方がないといえば仕方がないのですが、やはり薄毛というのは気になる悩みですから、早めに解決しておきたいものです。